就労中はできるだけ社内の人間に悟られないよう、(自身の転職活動で…

就労期間にあるときは、可能ならば、社内の人間に気づかれないように、…

  • 在職期間中は、可能ならば、悟られないよう、(ちなみに私自身のときは)前職中に転職の意図のみを活動初期に周りの人に知らせたことがあります。けれど、それから、求人を散々見て回ったのですが、結局働く先も仕事を変えるタイミングさえも計画も立てずに決まらないまま、いつの間にか時間を空費する結果に。挙句の果てには一方、社内では業務の引き継ぎ、諸々の手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たあと、次の就業先を探す流れになりました。

  • 再就職をするときにとても重要となるのが「面接」というものです。

  • 再就職では、とても重要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。多くの場合面接では、応募者に対して転職を決意した経緯などまずは、こちらが質問される側となります。そして必ず、面接の終了間際に今度は、転職希望者から、面接担当の人へ疑問点などを質問できます。面接担当の方から「なにか弊社についての質問しておきたいことはありませんか?」と言ってくれるわけです。そういった質問をされたとき、緊張のあまり、何も聞けなくなる可能性があるかもしれません。こんな場面に備えて、面接を受ける前に面接官からの質問に際し、答えを準備しておくのもいいかもしれません。具体的に知っているわけではありませんから、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

  • 今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり・・

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公表されたりと、損をするシステムができてきましたが、完全には程遠いといえます。したがって、面接で見破る必要があります。まずは求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらを使って色々と質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることが多いです。給与と残業、休日に関しては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い顔をするケースが多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、入社は止めるべきです。

  • 派遣で働いています。派遣法の関連で残念ながら長く働いた…

  • 派遣として就業しています。派遣法とか労働契約法の関連で不本意にも長期間務めていた就業先での勤務があと数か月で終了します。同じ派遣である人の中には、派遣で就業している会社で正社員の待遇をつかんだ方もいるのですがそれは正直なところ仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司の扱いが上手な方で引き立てがあった様子。テクニカルスキルよりおじさんを転がす能力の方が重要なのだろうと派遣仲間達と勤務先で愚痴を言ってます。

  • 仕事のせいで心的な負担がかなり増え、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら、…

  • 仕事をするにあたり、心的にとてもつらくなってしまい、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、会社(の関係者)と相談をするより身内などの近しい存在の人と話し合い、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。どうしてかというと、仕事をするのは当事者であるあなたのためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあります。毎月、どれだけ高給をもらっていたからといって、精神がボロボロになるほど延々と仕事をするのは好ましいわけがありません。現代は、働きやすさが優先で前提にしても良いはずです。ですからあまり気にせず、あなたの家族、あなた自らの心と体のケアを忘れないようにしましょう。

  • これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜…

  • シフトの業務についてです。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、休み方やシフトの提出方法を面接時に尋ねておいたほうが良いです。以前に私自身が、産休で抜けた人の代理として正社員として勤めることになったのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任者が土日は休むことなく出勤していたので、私も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出すと「よく耐えたな」と。

  • 今年中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら・・

  • 年内中に転職活動を始める際、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は会社でしっかり「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、現在の会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちに受け取ることが出来たりもします。このときの、受け取れる失業手当の金額は最後となる月の近々の給料を基準に失業手当の支給する額を算出されるため、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。