退職と転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

退職と転職を度々しないためには、少しコツがいります。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。ネット社会の現在ではメンタル面を鍛えるのには良い情報はたくさんあります。加えて、転職とは全然違う行動でも、メンタルを鍛えられます。その最たる例は「海外旅行」ですね。海外に旅行に行くと日本との違いがたくさんあったりと、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に行けば、これまでとは比べようがないほどに自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかしながら、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いので気力回復のために休業期間も必要です。

より安定した人生を送りたいと正規社員として働くことを念頭に置いている人…

安定性を願って「正社員」として働くことを念頭に置いている人がかなりいらっしゃるはずです。けど、即戦力として働けるようにいくら頑張っても正社員としての転職が叶えられないこともあります。非正規雇用者の求人があっても、正規雇用の求人募集以外には目も通さずエントリーしない人も少なくないでしょう。仮に、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、準社員に応募することも視野に入れてみてください。会社の一部は、その人の頑張りにより、2,3年で正社員へのキャリアアップを狙えることもあるんです。ですから採用面接時に、「正社員登用」の可能性があるかどうかをヒアリングするようにしておけば将来設計にも役立ちます。

今の自分のスキルを活用しながら転職活動を考える場合に…

自分のスキルや資格をふまえて就職活動をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。転職の難易度が低めの業界では、慢性的に人手不足である医療・介護業界がその最たる例です。医療や介護の業種では看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今現在、医療従事者として勤務している人が、仕事に対しての不満によって、他の業界へ転職したいと思っているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、人材の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。簡単に考えないことが重要です。異業種への転職を実際に行う際は、異業種では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。しかしながら、仕事を続けながら求人をチェックして応募したり、面接に行くのは心身ともにハードです。また、転職活動時は、現職の同僚・上司たちにも気づかれないように気を遣う必要もあります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、仮に、書類選考をクリアし、面接前にキャンセルすると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると意識を持つことが大切です。

転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしていただき…

転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしてほしいことがいくつかあります。派遣社員に対して、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」のような業務をぼんやりと想像した方がおそらく多いかと思います。最初は私もまさにそう思っていました。今、勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「主な業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし仕事に就くと、まさか「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を指示されました。いつも毎回振り回されますし、当初の説明とはかなり違っていたので日々全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

ブラック企業|私たちの社会的環境において、将来、ますます思考を必要としない仕事は…

私たちの労働環境は、この先、ぐんぐんと簡単な作業は機械化が進んでいき、当然の結果としてそういう仕事をするマンパワーはどう考えても減少していきます。というのも、思考を必要としない労働という観点では機械でやったほうが数段に能力が高いからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順を延々とリピートしたりすることは機械なら何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って文句を言わず、疲れることもないし、横着をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。そして、人と違って「人件費」が発生しないのもメリットといえます。生身の人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械化されるのは自然の結果といえます。

派遣会社を通して仕事をする人が現在多くなっています・・

派遣社員として働く人が規制緩和以来、増加しています。派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちどれだけがあなたに入るのかをできる限り面接時に質問しておきましょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収するシステムなのですが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが多いです。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらされない派遣業者も多く、ひどいものだと2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も決して少ないとはいえません。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質である場合が多いので、できる限り別の派遣業者のもとで登録されることをオススメします。