初めて婚活で行われるパーティーにいったとき、大失敗となりました。

私が初めて婚活が目的のパーティーに行った際、大失敗をしでかしました。

  • 私が初めて婚活目的で開催されるパーティーに出席した際、見事に失敗しました。婚活をスタートさせたばかりでの初心者で、婚活目的のパーティーの雰囲気などもわからないまま、一緒に参加する友達とも洋服の打ち合わせをすることなく参加しました。会場に入って周りを見回すと、会場内の女性はみんな、スカートやワンピース、パンツでも女性らしい雰囲気です。その点、私のファッションはというと芸人のカズレーザーみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツといったいで立ちでした。それから、アウターには黒のライダースジャケット、靴は黒のロングブーツと、ハロウィン参加者みたいな風貌です。当然、そんな私は会場では浮きまくってしまい、誰からも声をかけてもらえずイスにひとりきりで座っていて、何をするわけでもなくパーティーが終わってしまいました。思い出すたびに赤面するぐらい恥ずかしいですし、正直、人生でこんな恥ずかしい思いは2度としたくありません。この失敗以降、婚活でやっているパーティーに参加する際は、服装の打ち合わせを友達とするようにしました。

  • 結婚詐欺|結婚活動をしていると、相手との会話でパターン的に趣味を質問されるこ…

  • 結婚活動をしていく際、相手と話をしていると、趣味を互いに訊き合う場面になることが多いものです。そのなかで、私はある共通点に気づきました。それは「ジムに通う」または「映画鑑賞する」と答えた人が私が会話をした相手のだいたい50%もいるのです。結婚活動パーティーに参加すれば、確率的に2人人のうちひとりがジムか映画鑑賞と答えるのには驚きました。本当にジム通いや映画鑑賞が趣味なのかどうか、についてはわからないのですが、一応婚活でするパーティーで異性と会話するのなら、ジムに通ってみたり、(ジムに行くことは結婚活動のためとはいえ健康的だし自分のためにもなります。一石二鳥です。)映画を趣味に加えておくのも会話のきっかけになると思います。

  • 結婚詐欺|結婚活動を始めたころは、知人が紹介やお見合いをセッティングしてくれる…

  • 結婚活動を始めたころ、友達が率先して似合う相手を紹介してくれることがあり、出会いの場を提供してもらっていました。紹介してもらう男性に関しては、前もって、どんなタイプの人が教えてもらえるので何の心配もなく(自分の知っている人の知り合いでもあるので)二人で会うことが多かったわけですが、そういった状況になると、食事の席、お酒を飲む機会もありますし、お互いに大人でもあるので、何となく話を合わせるのがマナーだと思うんですよ。それなのに、食事することなった相手がまともな大人とはいえない態度だったのです。帰り際までずっと深めにかぶっていた帽子は取らない、会話しても目も合わそうともしないで、本当に無愛想な態度でした。その場に二人しかいないのにそれはないですよね。そんな風に露骨に無愛想な態度をとられると、私が嫌なんだと普通だったらそう思います。なのに、帰ろうということも言わないんです。私の方でも、訳が分からなくて理由を聞いてみたところ、「僕、人見知りだから、話すのが苦手で」と。(・・・)それを知って本当に呆れ果てました。わざわざ、色々と手配して席を設けてくれた友人に申し訳なくてその男性と別れたすぐ後に事情を話し、謝ることにしました。ただ、私が謝る意味があったのかは不明です。

  • あなたは婚活サイトなどのネットを通じて気に入った異性と…

  • 今まで結婚活動サイトなどのネットを通じて気に入った異性と実際に外で会ってみたら、写真とは思っていたイメージと違っていた!という展開は珍しくありません。実は婚活サイトに掲載されるプロフ写真は、男女関係なく、実物の3割程度、見た目が良く映っている、ものである、と覚えておきましょう。何度も繰り返して試行錯誤しながら撮影したなかのベストなものを選択している場合が大半なので、本人を目の前にしたときに全くの別人に見えてしまうのもしょうがないのです。さらに、フォトショップなどの画像編集ソフトも普通に使えます。そんなわけで、結婚活動サイトなどネットを通じて相手を探すなら、相手の実際の姿は、プロフィール写真よりもマイナス3割だということを判断しておくことをお勧めします。

  • 段取りよく結婚活動を進める、色々なやり方で色々な方と会う機・・

  • 効率よく結婚活動を進めていくため、様々な手法で様々な方と会う機会を徐々に多くしている方も多数いると思います。事実、私の場合も結婚相談所に登録してお見合いを毎週のようにしつつ、婚活でやっているパーティーにも再々足を運んでいました。そんなさなか、まさかの最低の出来事が生じたのです。お見合いの際に断られた方に婚活パーティーで再会してしまったのです。私の方も気まずく感じたのはその通りなのですが、断ってきた方の方がそれ以上に気まずそうで動揺されていました。「お見合いをしたすぐ後の頃が仕事の忙しさが絶頂だったんだけど、何とか今落ち着き、時間ができたからこのような場所に来た」といった言い訳を、聞いてもいないのにしていましたが。気分が良くなかったというよりも、なんだか少し笑ってしまいました。このような事態を避け方というのはないのですが、このようなことが起こる可能性もある、と頭に入れておけば動揺しなくて済むと考えます。

  • 婚活で失敗しないためには、いくつかの点に注意を払っておかなくてはなりません。

  • 結婚活動を成功させるためには、いくつか気をつけておかなくてはいけません。それは、「3回目のデート」で、この3度目のデートは、その後の進行に多大なる影響を及ぼすことになる可能性が高いからです。大抵の人が、初めてのデートのときも、その次でも、お互いに少し緊張感もあり大きな失敗は避けやすいのですが、デートが3度目ともなると、相手に慣れてきて、段々とつい相手に悪い印象を与えてしまい、その時点で婚活が失敗に終わる可能性もあります。「長年、悪いクセをなおせないままでいる」というように、なんとなくしてしまう悪い癖があるといった方は特に警戒しておくべきです。例えるならば、面と向かって会話している時、無意識に爪を噛むクセがあったり、更には、おしぼりで顔を拭いたりなど、誰かに指摘されないと気付かない癖はあるので婚活相手が不安にならないように、マナーを再チェックしてください。

  • 結婚詐欺|男は、けっこう女の人の手をチェックしています。ですから・・

  • 無頓着に見える男の人でも、意外と女性の手も見ていたりします。どんなに見た目がきれいでかわいい女性でも、手荒れがひどくカサカサだったり、指先(爪)の手入れをしていないと、ガッカリされてしまう可能性があるので気をつけましょう。ですが、特別な手入れはしなくても大丈夫です。水仕事の後や寝る前に手が乾燥しないように、毎日欠かさずハンドクリームを使うぐらいの手入れで問題ありません。ハンドクリームを使うことによって、指先もきれいな状態を保っておけます。指先のおしゃれにも配慮し、女性らしさを演出するのはとても素晴らしいことですが、反対にネイルアートを凝りまくっていると婚活中は男性には敬遠されてしまう可能性が高いので、状況を考えて我慢しておきましょう。