転職活動をするとき、最初に、ウェブサイト、求人票、企業パンフレットなどで…

ブラック企業|転職をする場合、事前に求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりし・・

  • 転職活動では、あらかじめ、ウェブサイト、求人票、企業パンフレットなどで関心のある会社をチェックするとは思います。とはいっても、当該会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、仮に公開するとしても差しさわりのない表現をします。その類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については額面通りではなく、疑いながら読むべきでしょう。情報を信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、あれこれ理由をつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。この種のブラック企業には注意が必要です。

  • 近年では、株・不動産投資などの不労所得で生活資金を得たり、…

  • 今の時代は株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、個人経営 といった形で生きる方法も人気です。そういったような移り変わりに伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった考えも変わってきています。高度経済成長時代の際には、不安の残る個人事業よりも雇われているほうがずっと堅実であり、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」という風にも付けられています。機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

  • 現在の自らの職場や仕事内容に対して、不服に思っていることの中に…

  • 今現在の自らの職場や業務内容について何かしらの不満点があるはずです。「自分の持っている能力(スキル)を正確に評価してもらえない」ゆえに、「報酬は変わらないし、出世の見込みもない」といった不満が多いように見受けられます。でも、上記のような不満を持っている人のなかには自身の技量を過大評価していないか、改めて確認する必要があります。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と休職期間が伸びるおそれがあるので、要注意です。という事態に陥りがちです。なので転職をスムーズに行うためには、自身のキャパシティを把握することが大切です。

  • 転職活動中に、気になる求人(もしくは職種)を見た際に…

  • 将来転職活動をされるなら、気になる求人(OR 職種)があれば、逐一、「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や転職サイトの担当者の言葉からはその業界に関するマイナス要素について、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、やましい箇所がある場合は、簡易的なネット検索によって瞬時に実態を知ることができます。そのような手間を惜しんで入社した場合、あとになってガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたいその求人が出ている理由が「内容がきつく、スタッフの出入りが激しい」といったケースが少なくないため、目に留まった業種について、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

  • 昔務めていた会社で感じの悪い上司に悩み、結局我慢ができなくなり退職・・

  • 新卒後最初に働いた会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を使い、ついには我慢できずにその会社は辞め、同じフィールドの他社に変えました。気分よく勤務することができきわめて充実した日々が続きましたが、ゆっくりと会社の業績が悪くなって、ついにはとある会社に経営統合されることになりました。偶然にもその統合先の会社がなんと前働いていた会社で、それどころか反りが合わない上司がもう一度私の上司になることになりました。どれだけ縁があるのでしょう。言うまでもなくまた転職活動を始めようと思っています。

  • もし、転職の決意したなら、完全に周りには内密にそれを告げないよう・・

  • 仮に、とらばーゆの思い立ったのなら、徹底的に周囲の人にはバレないように、活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、あくまでも社内の人間に知られないように淡々と業務をこなしていくのが正解です。転職先が決まっていない間、その点を心にとめておけば、希望通りにいい転職先が難航したとしても、転職時期を見送りながら現職を続けてもトラブルにはなりません。でもついつい「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人は、それを受けた行動をし始めます。それに社内の人間に「辞めるつもりです」と言った場合、周囲からは「あいつは辞める人」という位置づけになります。ですがもしも、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周囲の人たちには、「一度は仕事を辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍中、立場が悪くなる思いををすることもあるでしょう。

  • 看護師という仕事の人のそれ以外の仕事に転職を決断する理由は、…

  • 看護師でありながらほかの仕事に転職に至る原因は、その人それぞれではないでしょうか。それを見てみると看護師を辞めての転職には「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚がきっかけで家庭環境の変化によって出産加えて子育てさらに家族の介護など、種々の環境の変化など、今までと同じようには仕事が難しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」など多種多様の理由が考えられます。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、それでも「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、落ちついてリラックスしながら再度、現状認識をしてみることも忘れずにやっておきましょう。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したのち、決断すれば間違いが減らせます。