職を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事での美化された記憶となります。

転職すると、大体の場合、以前の会社の仕事でのほとんどは美化された記憶となります。

  • 転職した際には、だいたいの場合はそれまでの仕事での美化されるものです。今の会社に満足できないから、良い方向に進みたいとやっと退職を決め、転職したはずなのに、過去を振り返るとどういうわけか転職した会社よりも「前職のほうが良かった」と感じることが増えてきます。それというのも普通で、前職は仕事の手順に慣れていて、簡単に与えられた業務があっさりとできていたのが、根底にあると思います。その一方、「退職などするべきでなかった」と真剣に思うほど、以前の会社の方が労働環境や、自分に向いていた事もあります。

  • いい企業がいいと転職をする活動中の場合は「少しでもは…

  • もっと良い企業に入りたいと転職を希望する大半は、「1日でも早く、採用通知を手にしたい」と思ってしまうものです。しかし、吉報が欲しいばかり、自分をより大きく見せたり、その逆に過小評価するかのようなマネは可能な限り避けるべきです。大事なのは焦燥感を抑え、冷静に客観的に考えながらあなた自身の能力にあった職場探しに専念しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く選択してみましょう。

  • 転職活動を行っていると面接で高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動で必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、率直に話してもOKですが、転職理由についてストレートに伝えるのは問題です。たとえば報酬に関する不満、人間関係に関する問題など、その手の話題をしても、あなたの好感度には繋がりません。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。それにプラスして、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、3年後にはこうなっていたい、そのために御社に応募しました、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • ブラック企業|転職をしようとする場合、用意する必要がある履歴書や職務経歴書などにおいては、…

  • 再就職の際に用意する必要がある履歴書や職務経歴書においては、ほとんどは自筆ではなく、パソコンを使って作るのが主流です。今現在の日本においては履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず自筆で用意するのが当然だと捉えられている面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトについてであって、実際のところ、転職をする時に関しては履歴書は100%パソコンで書いたものは駄目とはっきりとは言えません。手書きの履歴書を評価するケースもありますけど、そうじゃない会社がだんだん増えてきているようなので、パソコンで作られた履歴書でもよろしいケースは意外にも多くあるのです。

  • ブラック企業|転職での面接などの時に担当者に名刺を差し出された場・・

  • 転職の面接などにおいて名刺を手渡されとしたら、あなたも相手の方に名刺を渡すべきであるのかどうかと悩んだときは、たいていは差し出さなくても良いと考えておいてください。転職のための面接においては仕事の延長ではなく、仕事を得るための採用活動の一部です。ですから一般的に考えて名刺を交換する場とは異なります。それに、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。要するに、相手から名刺を差し出されても、こちらの方は、ただ受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手にあげる必要はまったくないと判断できます。

  • 再就職先を探している間は、つい時間が有り余っている分、…

  • 転職先を探している間は、つい時間があるため、気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。しかしながら、そうした生活を常態化させるのはキケンです。それは、緊張感のない、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響が出やすいためです。だんだんと、働く気力も失い、生活が苦しくなり困る未来がやってきます。そうしているうちに、生活も仕事も悪循環になり次の職場が見つからなくなります。将来の決断ができないのは、給料を第一に考えるためです。お金を最優先に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。

  • 女性の転職に関しては、今現在と数年前では若干の変化があるといいます。

  • 女性が転職するに当たって、セクハラが社会問題となっている現代では少し状況に違いがあったりします。以前は面接の際に、「結婚観」や「出産後の仕事」などについて、普通に質問されることがありました。でも、近年では、そのような内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かれないことのほうが多くなってきています。世間に名の知れた大きな会社の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっています。しかしながら、企業側は、YES・NO、の2択でなく、その人が、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な予定を知っておきたいとは思っている事でしょう。自分の将来設計をわかってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら伝えることで、相手方も考えがわかり、安心できると思います。なので、たとえ、質問されていない箇所も先にあなたの側から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくとよいでしょう。