ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格しました。すぐに…

ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスしました。その後…

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしました。2、3日して先方から面接の日時を教えてもらいました。けれども、面接日当日、行ってみると、手違いがあったのか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。待っていると、所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、終始非常にけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接を終えました。しかしながら、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、しびれを切らし、私の側から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。仕方がないのでもう一度問い合わせたところ、驚くことに、「結果は不採用でした」、とすぐに電話を切られました。私は呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、素直に、採用されなくてよかったです。

    求人に係る情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」という人ほ・・

  • 求人関連の情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりしますが、そのような人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と誤解している可能性が高いです。製造業の求人でも、現場に出る仕事だけでなく人事、経理、総務といった従業員募集をはじめ、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される部署も結構多くあります。ただ、製造業の職場はビジネス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、とはいえ、自身のこだわりを捨てることによって将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

    転職するときは、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが・・

  • 転職するときは、色々情報収集されるとは思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、会社の都合で退社した元社員の報復によってそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、口コミの内容が真実でなければ、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかし、実際は『クロ』で「マズイと考え急いで炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いということは、その分入社してからトラブルに遭遇する可能性が高くなる、と判断して良いはずです。というか、本当に善良な会社であればトラブルなんて起こりません。

    こういう転職という話は知人からの話です。

  • これは友人からの話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動で死んでも入りたかった最終目標であるA社の最終面接までで行ったけど不採用になって、ですからやむを得ず他の会社に就業しました。そのあと数年後派遣の求人サイトを閲覧する中で偶然A社の紹介予定派遣の求人を発見して、いてもたってもいられなくなって当時働いていた会社を直ちに辞めて、A社で派遣の仕事を始めて、勇気がありますね。真面目に頑張ってそれから先問題なくA社で正社員として採用されて、今では仕事に誇りを持ちながら楽しく勤めています。

    あなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」といった具合に・・

  • もしあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移住した上で再就職したい、と希望する人、実践する人が増えています。この頃は求人情報サイトを使用することで郊外・地方での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。残念ながら郊外や地方での求人は大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところです。したがって転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども定期的にチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している就業サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

    転職というものをする場合、転職したあとの自身の年収を過剰に気にする・・

  • 転職というものを考える際、その職場の自分の年収ばかりを気にする人は、わりと多くいるようです。とうぜん多くの方は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐべく働くはず。ですから年収がいくらかは自分自身の評価としての側面もありますから大切なものとして扱うのは当然なのですが、しかしながら、あまりに年収というものに気にかけすぎる人生というのも悲しい気がしませんか?それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的に満たされる可能性が大いにあるものだからです。

    ブラック企業|転職先での会社での面接での勘違いしている人が多いので・・

  • 転職の際に欠かせない採用面接に関して、やめておいたほうがよいのは無理に猫をかぶることです。すると思いのほか悪い結果を招くおそれがあります。そうならないために思い切って面接時は、「給与制度」などの、多数の人がかなり質問しにくい内容を勇気を出し率直に聞いた方が絶対にあなたのためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、質問をすることで最終的に採用されないのではないか」と不安がるかもしれません。けれども面接官からの印象もいい直結するといいます。これらのことはお金・労働環境に関する内容は、実のところ、多くの人が気になっています。しかしながら、面接に応募した人たちの多くは、はっきりと聞けないものです。そこで、勇気を出して質問をすることで、「正直な人だな」ということで自己アピールになるのです。