もし転職することが、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう・・

もし転職することが、現在の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう…

  • 転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の空気が一変することがあります。場合によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。それだけでなく、残業時間を増やされることもあるので、軽々しく転職のことを口にするのは考えものです。上記のようなトラブルを避けるためにも、在籍中は、真面目に仕事をしておきましょう。そうすれば、良い状態をギリギリまで残したまま、気持ちよく会社を辞められます。さらには、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後に、相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業界に関係なく、どのような企業であっても、人との縁は重要なので、仕事を辞める際のトラブルは控えましょう。
  • 再就職の面接でおいてほとんどの人が問いかけられるのが…

  • 転職の面接で100%追求されることが会社を退職した原因ですが、このような質問が出た際には話題を退職した会社のことにしない方が良いです。退職した理由が話の中心になるとどうしても面接において不利なことを含んだ話の内容になってしまうので。この点を上手に進めていくには以前働いていた会社を退職したのはこの職場に必ず入りたかった理由があるといった内容に向けていくということで、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社の方に話を向けていくといいでしょう。転職理由でも、その会社の話であれば、マイナスではなく良い印象を与えることができる前の職場を去った理由にすることができます。
  • 『なるべく早く転職したい!』という願望があって、その意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。ただし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。また、実際に私もそういった経験があり、スンナリと受理されずに最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。はじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職出来たのはこの年の11月です。本当は、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やはり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに以前にも増して信頼はなくなりました。
  • ブラック企業|転職を考えているのなら、あらかじめ資格を取得することで有利になります。

  • もし転職を視野に入れているなら、転職する前に資格を取得することで選択肢が増えます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取ると転職活動に有利に働くので新たな分野に挑戦することも可能になります。なので、在任期間中が資格取得においての一番良いタイミングといえます。もしあなたが転職を目指しているなら、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、現在の仕事を辞めたとしても前向きな姿勢で転職に挑むことができます。しかも、資格を取得できれば転職活動では資格が味方をしてくれるので面接時に「即戦力」と認められ、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • 看護婦と言った看護師は務めとして女性のとても多い職です。

  • 昔は看護婦という名前だった看護師というのは働く者としてやっぱり女性比率がかなり大きい職場です。それだけでなく、気力あるいは体力ともに消耗が激しい特徴もあります。であるがゆえに、職場環境での人間関係のいざこざや、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい職業です。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多いというのも事実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、人材不足な状態に陥っています。というワケで、どの医療機関も看護師が足りない「売り手市場」であり、それが転職増加の要因になっているのでしょう。
  • 転職する企業で、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職した場所では、「年収」を高望みしないほうが無難です。ことさら、入社したはじめの年度は、おおむね「研修期間」が入っている会社が多数で、自身のときは、やっと手にした職場だったものの、以前の職場での年収とあんまり同じということがありました。おまけに、業務はきついうえに、とても責任が伴うもので、初年度をクリアするのにひどく骨が折れました。そういった経験を踏まえると、初年度は、勉強する年と割り切ってしまい、出来る限り転職する前に貯金をしておくべき、と思います。
  • ブラック企業|転職先で見学などがあるとすごく勉強になります。

  • 転職候補先で見学などがあるとたいへん参考になります。また、「職人」のいる会社なら、腕を見るのが楽しくもなります。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ例外なく、日常の仕事現場を見せてくれることはありません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でなければ、本来の姿はみえません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと解釈しないことがとても賢明です。それに加えて、見学時に仕事体験させてくれる会社は危険ですから正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人間には、万が一問題が発生したとしても、保証も一切ないので、仮に、勧められてもていねいに断っておくようにしましょう。