初めて転職する場合、気を付けなければいけないのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかにつ・・

ブラック企業|最初に転職をするのであれば、大切なのはなぜ現職を辞める必要があるのかを…

  • 生まれてはじめて転職をするにあたって、どうして現在の仕事を辞めなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておく必要があります。その上で問題解消が見込める会社を決めていきましょう。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは違って、働きながら就職活動を続けていく必要があることから、時間と体力が必要不可欠です。それゆえ明確な理由がないまま転職活動をしてしまうと、途中で行き詰まってしまう可能性もあります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状に変化を加えたいといった強い意志がない場合は、転職活動のスタートを切ることはやめておくべきだと思えます。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

  • 転職時の面接では面接担当者から「転職の理由は何ですか?」とほぼ質問されます。その際、どれだけ正しい意見だと思っても、前の職場の人づきあいや働く環境が良くなかった回答などは、出来るだけ控えましょう。というのも、そのような不満を口にすると、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを台無しにしてしまいます。面接では「前向き」な人柄をアピールするのがかなり大切で、まずは「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といったようなアピールの仕方が重要です。

  • ブラック企業|ずっと接客関係で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねると・・

  • 長年接客業で勤めてきましたが、加齢のせいか立ってする仕事は体力的にしんどくて、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを第一目標として動き始めました。事務の経験がないと少々厳しく、そこで接客の経験も活かせる受付兼医療事務をしたいと資格も獲得し個人の医院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係も難しい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた頃より帰る時間も遅いわけですが、今はキャリア形成の時期だと諦めて頑張ります。

  • ブラック企業|新卒として入った会社を辞めて、転職を決断しました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、転職することについて会社を退職する前は、人生でもっとも不安な日々もありました。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると私自身が転職を経験したことで学び、無意識のうちに不安な気持ちは解消されていきました。また1回転職をすれば、なにか肩の荷が下りたような感じがして、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが毎日が充実したものになりました。いまだ「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」という考えの方も、もちろんいますが、それが正しいとは限りません。私自身、転職を決断して良かったです。

  • 自分の大好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は要注意です。

  • 自分の好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。私が実際に経験したことなのですが、私は、食べることが好きだったのですが、それが高じて飲食店(レストラン)で仕事をしていた期間があります。その飲食店での業務は、その飲食店で任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係にすごく疲れてしまいました。ということが理由で、仕事をやめることになったのですが、その影響からか、あんなに好きだった食べることやそのレストランで提供されていた食べ物さえも嫌になってしまい、類似の店には避けるようになりました。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めた頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現できるのは本当にステキだと思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、冷静に自分と向き合ってから行動するべきです。

  • 人からの紹介を通じて転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 知っている人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。それはいいけれど労働環境やその他の労働条件といった点に関して知人からの口コミ情報のみで判断してしまうとあとで問題になることが多いです。口コミの中でも一人の個人の口コミというのは誤解・齟齬が多くなってしまいます。知人にとっては、良い職場環境だったとしても、自分自身にとってはイライラするだけの環境があります。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、しっかり自身の目でしっかりチェックしてみてください。

  • ブラック企業|クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接会場に行こうとする際には…

  • クールビズの服装で再就職の面接にチャレンジする場合、やっぱりジャケットまでは着なくても良いと間違いなく言えるのですが、ネクタイは着用していったほうが無難です。ネクタイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認める会社も存在することもなくはないですが、ことネクタイは例えクールビズであっても身だしなみとしてすべきだとしている会社がいくつか存在するわけです。ですから、クールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイだけは着用いく方が悪い印象を与えないということは伝えておきます。