ブラック企業|これまでの私は、職探しをする場合は「転職サイト」より…

かつての私は、「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • 以前は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」を活用していました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都会や大手の求人がほとんどだからです。これまでの新しい職場を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、地域に根ざした情報が都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」とイメージしている方もいるはずです。魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、もしも退職後の就職活動が不安な方は、ハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。有名な転職サイトのような執拗なニュースレターが来ることもありません。

  • 失業者に給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になります・・

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業状態でなければもらえませんが、給付期間が決まっています。離職時までに働いていた期間に応じて変わり、90日とか120日とか決められるのですが中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限りもらえると勘違いして「失業保険をもらえるあいだは遊びにつかう」という人を見かけますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから急に転職活動をしてもうまくいかない可能性は高いでしょう。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」に関してはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。相手によっては、面接担当者から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて難しくなります。

  • このように昨今の労働背景の激変ぶりに当たって、社会人の中で…

  • 昨今の労働環境の慌ただしい変化に関して、34歳ぐらいまでの若い人たちは鋭敏に感じ取って、おそらく、キャリアアップと転職を同時に考えているのでしょう。ですので、働き手の労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、さらに今後、益々若年層の転職への関心度は増加していくものと思われます。労働市場の「流動化」の影響により、仕事を変えることは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。終身雇用が蔓延していた時代には転職者をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかないこともありました。しかしながら、時流の変化とともに今現在の会社のみに執着する必要も特に無いように思います。

  • 未経験である業界などに転身をしようとするときには、以前の職場で、自分・・

  • 全く経験のない業種などに転職するときには、以前の仕事で、自分が身についたスキルや経験値が生かせるという自己アピールが必要になります。その業種で働いたことがない人はその分その業種の経験者よりも正直、不利な状態になりますけど、自分が保持している力がそこで生かせるということを話せれば、戦うことができる場合も出てきます。したがって、未経験の業界にチャレンジする場合は、その業種と前の職場でやっていた職務との関係性をできる限り発見しましょう。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を探しているという証明が必要となります。

  • 失業保険の給付に関して、職を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、ですが、実際は「ハードワークから解放されたし、しばらく遊びたい」というのが現実でしょう。真面目に働き先を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは当然のこととして、求人票のチェックは必ずやっておきましょうまじめに探すモチベーションがわかないときは、「求人票」にだけ目を通し、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して見つけられませんでした」と、相手に告げて、次の機会を探すという方法もあります。

  • ブラック企業|転職サイトはメジャーなサイトの方が豊富な数の企業が掲載されているため…

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほど豊富な量の案件が掲載されているため、感じがよさそうな2~3社を、サイトに登録して、年収などの条件にあらかじめを入れておき、さらに条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと転職情報が集めやすくなります。初めだけは登録するのに多少手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初回時、時間が少し掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備をしっかり行うことを推奨します。

  • 転職をするにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 求職活動においおいて、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する方法もありますが、もしそのようなところに登録した結果仕事が見つかった場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワークを通さずに就業しても給付対象にならないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。これと異なり、「ハローワーク」主導で斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就業のための準備費用として一時金を受け取ることができます。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。頭に入れておかなければ、失業中にお金をもらえない状況になるので、気をつけておきましょう。