現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、…

ブラック企業|最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強化されたり…

  • 現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、社名の公表がなされるなど、厳罰を処するようになってきましたが、パーフェクトとは言い難いです。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらの項目を順番に聞いてみることです。「ブラック企業」の場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、結局は答えられなかったり逃げようとします。特に「給与」「残業」「休日」については、質問を続けていく中で、困った表情を見せる可能性大です。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので会社の本当の姿に気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、少しでもおかしいと感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

    ブラック企業|派遣で勤務しています。労働契約法が原因で残念ですが馴染みの…

  • 派遣として働いています。派遣法や労働契約法のせいで不本意ですが長い期間働いた就業先での勤務があと数か月で終わります。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先で直接雇用の契約を獲得した人もいるのですがその理由としてはぶっちゃけた話仕事の実力というよりは派遣先上司の扱いが上手な人でお引き立てがあった様子。職務を遂行するスキルよりもおじさんを転がすスキルが必要なんだねーと選考に漏れた他の派遣の同僚と派遣先の職場で文句を言う毎日です。

    働くことによって心的なダメージがあり、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら・・

  • 働く中で精神的にとても苦しくなってしまい、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そのときは、相談するのは職場の人でなく身内と相談しながら会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜなら、仕事をするのはあなたのためでもあります。が、しかし家族の問題でもあります。どれだけ給料が良くてもメンタル面がダメージを負うほど仕事をすることは健全ではないはずです。現在では、経済的に豊かなことよりも、働く当人が働きやすいことを大事にしていく生き方が尊重される時代です。ですからあまり気にせず、あなた自身の家族や、あなたの心身をいたわりましょう。

    「シフト制」の仕事に関する話なのですが、一定の曜日に入れる人を募集している求・・

  • 「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。決まった曜日に勤務できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法については前もってたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、出産のため休む人の代わりに正社員として入ったのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任の女性が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私もそういった形で扱われたしまいました。なので「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日は一人だけなんて・・・。振り返ると「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

    これから転職活動を始める際に次の仕事をする前にまだ期間があるのなら…

  • 転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は勤めている所属する会社が社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、現在の企業の都合での退職や、残業時間によっては、ただちに受け取ることが出来たりもします。このとき、受け取れる失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の直近の給料がもとになって割り出されるので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

    転職の際に必ず受けることになる面接では、小企業であれば、…

  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、小企業クラスの場合概ね「人事」が面接担当になりますが、それ以外の場合もあるはずです。実際に今後仕事を一緒にしていく責任者、という具合に課長・部長などの役職の人が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。また事務・営業などのカテゴリでは、資格などという具体的なイメージはありませんので、自主的に自分自身をアピールしていくことが重要になります。面接担当の人たちに「この人はハッキリ自己アピールできるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

    転職する活動で「自分は経験としてこういった種類の仕事をがんばってきました…

  • 今励んでいる転職活動時、「自分は今まで、こういった価値のあるの仕事をがんばってきました」「過去の仕事では、このような経験に磨きを掛けました」とそれまでの実績などを強調する人は頻繁に見かけます。ですが、転職先のその場所で「近いうちにこういったことに挑戦したい」「こういった内容の事なら貢献したい」と未来形として自身をアピールしていくほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。