現在の自身の勤め先・仕事内容について不満に感じていることの中…

今現在の自分の仕事や業務に関して、多くの人は不満を感じていると思います。

現在の自らの職場や業務について大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分のスキルや能力を誠実に評価してくれない」だから、「月給は増えず、昇格する可能性も見いだせない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。でも、上記のような悩みを持っている人のなかには自分の才能を「過大評価」しているケースが少なくありません。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と中々転職先が決まらないことになりかねません。可能性があるので、注意しなくてはいけません。なので転職で好結果を出すためには、自分の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

ブラック企業|これから転職活動をするという時は、良いと思う求人(あるいは業…

今から転職活動をするのなら、気になった求人(あるいは職種)を見るたびに100%「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や転職サイトの担当者からはまずその業界のマイナス点は教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索でカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そういった面を知らずに入社すると、のちに痛い目にあいます。だいたいその求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、スタッフの出入りが激しい」という場合が少なくないため、目に留まった案件について、注意してください。

昔務めていた会社で嫌で反りが合わない上司に悩み、その…

新卒で採用された会社で感じの悪い上司に悩みを抱えて、その結果やっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同じ業種の別の企業に転職をしました。新しい会社では上との関係も良好で仕事ができ本当に満足の毎日でしたが、時が経つにつれて会社の売上が悪化し、最後にはある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にもその統合した先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、それどころかすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、ここまで縁があるとは。当たり前のことですが新たな転職先を探す活動を始めるつもりです。

万が一、現職からの転身を決断したのであれば、まっ・・

現職からの転業の決心を固めたなら、社内の人間にはひそかにその気持ちを伝えずにうまく活動を進めていき、転職先が決まっていない間は、あくまでも同僚に知られないようにいつもと同じように仕事をするのがたいへん無難です。働いている間、その状態をキープしておくと、もし希望に知った転職先を容易に見つからなくても、転身の予定を延ばしつつ、現職をし続けても心配がありません。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲の人は、その言葉を受けた態度をします。しかも「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲には「あの人はもうじき転職する」と広まります。その後で転職したい思いが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人たちには、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、在籍中は、立場が悪くなると感じるしてしまうことになるかもしれません。

看護師という職業の人のそれ以外の仕事に転職の原因はその人それぞれです。

看護師でありながらほかの職に転職する原因は人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、転職するには「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚で家庭環境の変化によって子育てそのうえに家族の介護など、種々の仕事環境の変化など、これまでのような仕事が難しい」「現在の給与体系に不満がある」というような悩みが考えられますね。でも、転職を決める前に転職したいと、頭を冷やしてじっくりと客観視してみることも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したうえで決断してみてください。

退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。

転社を度々しないためには、少しコツがいります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を鍛えるコツは容易に拾えます。そんな、時に転職以外の行動によっても、メンタル面を強くすることができます。その典型例が「海外旅行」です。海外は、日本との違いがたくさんあったりと、大きな刺激を得られます。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま、(転職のための)面接に臨めば、今までとは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかし、退職直後は精神的に弱くなりがちなので、回復したあとで行動するようにしましょう。

安定した人生を手に入れるために正規の雇用社員として働こうと思っている…

安定した生活基盤を欲しがって正規社員になりたいと考えている人は少なくない、というのが現状です。即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに中々正社員としての転身がうまくいかないケースも少なくないはずです。派遣社員の求人募集を見たとしても、正社員の求人情報に拘り、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。なかなか、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員や派遣社員の求人募集もチェックしてみましょう。企業のなかには、その人の頑張りにより、数年で正社員にステップアップが図れることもあるからです。面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性をヒアリングしておくと将来設計も組みやすくなります。